menu
知っ得コラム
TEL 097-545-9119
〒870-0831 大分市要町5-12 エテルノ駅南101
診療時間
午 前 9:00〜12:00
午 後 14:30〜18:30
土曜日 9:00〜13:00
休診日
日曜・祝祭日
カレンダーを拡大する

交通事故診療

当院は各種保険、むち打ちや打撲・捻挫・骨折・脱臼・挫傷などの交通事故対応もしております。
交通事故でお困りの方は、お気軽にご相談下さい!

交通事故に遭われたら

事故に遭われた時は、まずは以下の3つの手順まで終わらせて下さい。
手続きがスムーズに運びますので安心して治療に専念していただくことができます。

1.警察に「事故証明書」をもらう
2.病院で診察を受ける
3.保険会社へ連絡し「やの整骨院」にて治療をする旨を伝える

交通事故診療

整骨院での交通事故の施術は国で認められています。
過失が全くない被害者(患者さま)は、100%ご本人様の意思で、施術を受けたい病院や整骨院を選ぶ事が出来ます。また、施術期間や日時についても、適切且つ適正な施術をされていれば加害者の保険会社より何ら制限を受けるものではありません。


保険の種類
●自賠責保険
自動車から原付バイクまでの加入が義務づけられます。通常、車やバイクを購入する時や車検の時に加入します。主に、治療費や通院費、入院費として使われます。

●対人賠償保険(任意保険)
自賠責保険で足りない分を補ってくれますが、加入していない人もいます。

●対物賠償保険(任意保険)
ガードレールやブロックなど、財物の修理等に支払われますが、加入していない人もいます。

交通事故診療

受傷初期には頚部の安静が重要になります。症状により首の固定、炎症を引かす微弱、直流電流を行います。 炎症が引いてくると筋肉のスパズム(持続性筋緊張)が出現してきます。(炎症の強さにより個人差があります) その際には、温罨法(温める)、干渉波電気、牽引など施しつつ当院では手によるマッサージ、運動療法を行います。
ムチ打ち以前の年齢的変化、個人の筋力、及び年齢など様々な条件が治癒するまでの時間を左右して行きます。 患者さんの痛みを理解し、一緒に考え診療することが重要だと考えます。


1.症状の確認
病院での診断結果をもとに、現在の症状をカウンセリングしながら詳しく調べます。
2.治療の開始
病院の診断結果・カウンセリング内容に基づき一人一人の症状に合った」治療法(理学療法、手技療法)を選択し、患者様の負担がかからないように治療を進めていきます。
※治療は保険内で行いますので患者さんの負担金はほとんどの場合はありませんのでご安心下さい。
3.治療終了とアフターケア
痛みや症状が無くなったのを確認後、今後の日常生活面での注意事項等をアドバイスさせていただきます。
保険会社に完了した旨を報告し、その他の費用を計算してもらいます。明細の入った示談内容を確認し納得がいけばサインをして完了となります。

むちうち損傷とは?

交通事故(主に追突事故)により頚部(首)が前後左右に振られ、その衝撃により骨、筋肉、靭帯(じんたい)軟骨を痛めた状態の事を俗にムチ打ち症(頚部捻挫)と言います。

●頚部(首)、背部(背中)、腰部の痛み

●運動制限(痛み、炎症による)
頚椎周辺の靭帯・筋肉などの損傷であり、骨折や脱臼が認められないもの。頚部(首)を動かしたときの痛み首や肩の動きが制限されることもあります。
※むち打ち症の多くは、これにあたります。

●頭痛、シビレ、筋力低下

●バレリゥー症状
後部交感神経症候群ともいい、血行をつかさどる交感神経が損傷したり、椎間板や筋肉による圧迫を受けて後頭部や首の後ろの痛みに加え、耳鳴り・難聴・めまい・吐き気・眼精疲労・集中力の低下などが起こることもあり日常生活に何らかの悪影響を与える症状とされています。(頚部の障害によって、自律神経障害を伴う状をバレリゥー症候群と呼んでいます)

●その他‥脳脊髄液減少症
脳脊髄液が脳脊髄液腔から露出することで減少し、起立性頭痛・頚部痛・背部痛・腰痛・手足の痛みめまいや耳鳴り・倦怠などの不定愁訴を起こします。

交通事故の補償

1.治療費について
交通事故での通院は自賠責保険での診療となりますので患者さんの負担金は発生しません。他にも、診断書代、通院に際しての交通費など全て補償されます。
2.慰謝料について
通院日数、治療期間内で決められ一日の通院に対し4,200円が支払われます。
整形外科、接骨院どちらでも慰謝料は同額です。

基準となるのは、治療期間(※1)と実治療日数(※2)です。
※1 治療期間とは、治療開始日から治療終了日までの日数です。
※2 実治療日数とは、実際に治療のため病院に行った日数です。

慰謝料は治療期間と「実治療日数×2」を比較し、少ない方を通院期間とし、それに4,200円をかけて(乗じて)計算します。(限度額は120万円)

○通院しなければ慰謝料はもらえません!!
3.休業補償について
仕事を休んだ期間が保障されます。
自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われます。
また、日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を限度として下記計算式による実費が支払われます。

1.給与所得者 過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
2.パート・アルバイト・日雇い労働者 日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数
3.業所得者 事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。
4.家事従事者 家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、
 1日当たり 5,700円を限度として支給されます